営業職の方は必見!名刺管理はソフトでできる

男性と女性

イベントへの出店の効果

男の人

大きな展示会が年に数回行われます。企業にとって新製品や新規事業を広めるチャンスの場です。出店ブースを設置する時、多くの企業は専門の施工業者を依頼します。出店のためのノウハウがあるからです。業者によっては企業の目的に沿ったプランニングまでしてくれます。集客力を高めるだけでなく、営業につなげてくれます。

顧客は会社がフォローする

男の人

近年、「顧客管理システム」が注目されている。顧客情報や取引履歴などを全社的に「見える化」することで、顧客を会社全体としてフォローすることができたり、営業の次の一手を効率よく打ったりすることができるからである。コストもかかってくるが、自社に合うものを選択し導入することが会社の存続に繋がってくるのだ。

営業に不可欠な名刺ソフト

名刺

OCR機能とSNS対応

営業マンにとって最大の武器になるのが名刺です。初対面の時に相手からもらう名刺管理の仕方によって、その後の営業活動に差が出るのです。名刺管理のためのソフトやアプリがたくさんありますが、選ぶ時に重要なのが認識の正確さです。以前はスキャナーで1枚1枚認識させて取り込んでいたのですが、今は自動認識が当たり前になっています。自動認識の場合は多くの名刺を1度に管理することができます。また正確に認識してデータ化するだけでなく、SNS機能があるかどうかも選ぶ時のポイントになります。例えば多くの企業が活用しているSNSとアカウントを連携させる名刺管理ができるようになっています。会社組織に属していると異動や配置転換は当たり前です。そのような場合も人事異動の自動通知やデータの自動更新をしてくれる名刺管理が便利です。担当が変わればすぐに挨拶に行くことができますし、営業の範囲を広げることができます。最近はネットを利用した電子名刺を使う人も増えています。実際に本人と面会しなくても、ネットでお互いの顔を見ることができますし、電子名刺を交換する機会も多くなっています。名刺管理アプリやソフトを選ぶ時に、電子名刺に対応しているかどうかも選ぶ時のポイントになります。名刺管理ソフトの基本は情報を認識するスキャン能力の高さですが、ソフトによっては人力による手作業でデータ化するものもあります。量をこなすなら自動認識ですが、正確さを求めるなら人力認識の名刺管理ソフトです。

営業における便利ツール

婦人

営業を行なう上で、SFAはとても便利なツールとして多くの企業で役立っています。しかしSFAといっても様々なものがあるので、色々な面を比較した上で、どこのものを導入するかを決めていきましょう。いまは無料で試すことが出来るものも用意されています。